iPhone修理の正規店と非正規店って何が違うの?

iPhone修理の正規店と非正規店って何が違うの?

iPhoneの修理をしてもらうなら、Appleに依頼するのが普通です。
しかしiPhoneのパーツが入手しやすくなったおかげか、非正規店も増えてきました。
 
正規店と非正規店、この違いはご存じでしょうか?依頼するお店によってメリットは異なるため、双方の違いを見比べましょう。

 

自分で修理するのは避けよう

 

iPhoneのパーツは個人でも購入可能で、ネット上には修理に関わる知識も多数掲載されています。Appleや非正規店にお願いすると費用がかかるので、「それなら自分で直そう!」と考える人もいるでしょう。

 

ですが、それはおすすめできません。iPhoneはほかのスマートフォンに比べて分解と組み立てが難しく、個人で行う場合も設備や技術が必要です。そうなると、自前で直すほうがお金と時間もかかるでしょう。

 

自分で分解すると保証もなくなるので、失敗すると八方ふさがりになってしまいます。安全にiPhoneを直すなら、修理店への依頼は欠かせないのです。

 

安全性が目立つ正規店の特徴について

 

まず、正規店の特徴について説明いたします。

 

正規店のメリット

  • 修理の質などが一定なので安心
  • 保証が使える
  • キャリアの保険も併用可能

 

正規店のデメリット

  • 修理費用が高い
  • 古すぎる機種は修理対象外
  • 時間がかかる

 

やはりAppleの正規店ならば安全性が高く、保証が適用可能なのも大きいでしょう。iPhoneには1年間の保証が付帯しており、AppleCareを契約すれば2年間に延長されます。

 

その反面、修理費用の高さは目立っており、保証外だと3万円ほどかかる場合もあるでしょう。配送修理だと1週間はかかるため、急ぎの場合は使いにくいかもしれません。

 

早くてお手頃な非正規店の特徴について

 

続いて、非正規店の特徴をチェックしましょう。

 

非正規店のメリット

  • 修理費用が正規店より安い場合が多い
  • 持ち込みができるなら即日持ち帰りができる
  • かなり古いiPhoneでも直してくれる店が多め

 

非正規のデメリット

  • 一度でも直してもらうと正規店には持ち込めなくなる
  • 保証もなくなる
  • 悪質な店だと安いパーツを使われることもある

 

非正規店は修理費用が安い上、とにかく対応が早いです。持ち込みができるならその日に直ることが多く、急ぐ人でも安心でしょう。

 

ただし、自分で分解すると保証外になるように、非正規店に依頼しても保証から外れてしまいます。修理をお願いするなら、正規店以上に慎重な判断が必要です。

 

こんなときは正規店に依頼しよう

 

上記の特徴を踏まえると、以下のようなときは正規店がおすすめです。

 

  • 保証期間内である
  • 近くにジーニアスバー(Apple Store)がある
  • キャリアの保険を契約している

 

保証期間内ならば格安、もしくは無償での修理対応もあり得ます。よって、保証期間が残っているなら正規店のほうがお得で、しかも安全ならば言うことがありません。

 

また、docomoやauは独自の保険を用意しており、これらはAppleCareが終わっても適用されます。保険の内容はキャリアによりけりですが、契約しているなら利用しましょう。

 

こんなときは非正規店に依頼しよう

 

もしも非正規店を使う場合、以下に当てはまる人ならおすすめです。

 

  • とにかく急いで直してもらいたい
  • すでに保証期間が終わっている
  • 修理費を節約したい

 

保証期間が終わった正規店の修理費用は、お世辞にも安いとは言えません。非正規店に依頼すると保証外になるものの、その保証がすでに終わっている場合、メリットが上回るでしょう。

 

それにiPhoneが直らないと電話もできないため、急ぎの用事があると困るかもしれません。非正規店は速さがウリなので、大事なタイミングでは頼りになります。

 

どちらに依頼しても一長一短

 

正規店に比べると、非正規という響きはイマイチに感じます。ですが、古すぎるiPhoneなら非正規店しか頼れないように、実際は一長一短の関係です。

 

もちろん保証があれば非正規店のデメリットが目立つし、大切なのは「今の自分にとってメリットが大きいのはどちらか?」という点です。

 

自分とiPhoneの状態をしっかりと把握し、依頼するお店を選びましょう。