iPhoneのサイレントスイッチが壊れたとき、マナーモードにする方法

iPhoneのサイレントスイッチが壊れたとき、マナーモードにする方法

iPhoneをマナーモードに切り替えるなら、側面のサイレントスイッチ一つで操作できます。とても便利なスイッチですが、壊れたときを考えると心配ですよね?

 

マナーモードにすべきタイミングは多いので、サイレントスイッチが壊れても切り替えられる方法をご紹介いたします。

スイッチ代わりもできるAssistiveTouchをオンにしよう

 

サイレントスイッチの代替としては、AssistiveTouchが一番おすすめです。ただし、「AssistiveTouchってなに?」と存在すら知らない人も多いため、まずはこの機能をオンにしてみましょう。

 

AssistiveTouchをオンにするなら、『設定』の『一般』をタップしてください。

 

『設定』の『一般』をタップ

 

一般から『アクセシビリティ』に移動します。

 

『アクセシビリティ』に移動

 

『AssistiveTouch』の項目がありますので、そこからスイッチをオンにします。

 

AssistiveTouch

 

すると画面上にソフトウェアスイッチが登場するので、以降はこのスイッチをタップして操作できます。

 

スイッチをオンにすると画面上にソフトウェアスイッチが登場

 

AssistiveTouchを使ってマナーモードに切り替える

 

AssistiveTouchをオンにしたら、早速マナーモードに切り替えてみましょう。ワンタッチでマナーモードにしたいなら、まずは『最上位レベルのメニューをカスタマイズ』をタップしてください。

 

最上位レベルのメニューをカスタマイズ
+ボタンを押す

 

+ボタンを押してメニューを追加し、そこに『消音』を割り当ててください。

 

消音

 

先ほど出現したスイッチをタップすると消音機能が追加されているので、これを押せばマナーモードに切り替わります。

 

スイッチをタップすると消音機能が追加されている

 

AssistiveTouchを使ったマナーモードへの切り替えは、サイレントスイッチと同じ働きです。スイッチを修理するまでの間に合わせとしては、申し分ありません。

 

おやすみモードで音を出なくしよう

 

iPhoneに搭載されているおやすみモードをオンにすると、無音状態を維持できます。ただし、オンにするだけでなく細かい設定をしないと、マナーモードに比べて音が出やすいです。

 

その設定内容については、『設定』の『おやすみモード』から変更できます。

 

おやすみモード

 

  • 『今すぐオン/オフ』をオンにする
  • 『着信を許可』をだれも許可しないにする
  • 『繰り返しの着信』をオフにする
  • 『通知』を常に知らせないにする

おやすみモードの設定

 

 

上記のように設定すれば、マナーモードに近い状態を維持できます。

 

なお、画面下からスワイプして出せるコントールセンターからも、おやすみモードに切り替え可能です。

 

コントールセンター

 

機内モードでオフラインにしてみよう

 

iPhoneの通知音はオンライン状態だからこそ鳴るもの(メールやメッセージの着信)が多く、オフラインにすることで擬似的なマナーモードにできます。

 

iPhoneをオフラインにしたいなら、機内モードをオンにするのが手っ取り早いです。『設定』の一番上にある『機内モード』をオンにしましょう。

 

『設定』の一番上にある『機内モード』

 

これでiPhoneはネットから切断され、メールやメッセージも着信しません。

 

なお、機内モードもコントールセンターからアクセスできます。

 

コントールセンター

 

ただし、機内モードをオンにしても、オフラインで使えるアプリは通知します。目覚ましやカレンダーの通知音は普通に鳴ってしまうため、それらの設定状況を確認しましょう。

 

iPhoneを使わないなら電源をオフにしよう

 

もしもiPhoneを使う予定がないのなら、電源をオフにしましょう。そうすれば、起動するまでは完全に音も鳴りません。

 

電源オフの手順については、下記の通りです。

 

  1. スリープボタンを長押しする
  2. 画面に表示されたスイッチをスライドする

 

これであらゆる動作が停止するため、通知音も鳴らないでしょう。

 

ただし、この状態だと操作や着信の確認もできません。会議中などであれば大丈夫ですが、バスに乗るときなどの『音を出さなければスマホを操作しても大丈夫』という際に不便です。

 

サイレントスイッチの修理は早めに出そう

 

今回ご説明した方法だと、AssistiveTouch以外はマナーモードとは異なり、完全に同じ働きとは言えません。それにAssistiveTouchでの切り替えも画面を見る必要があるため、サイレントスイッチの手軽さには勝てないでしょう。

 

仕事中や誰かとの会話中、あるいは交通機関を利用しての移動中など、マナーモードに切り替える場面はたくさんあります。そうしたときにサイレントスイッチがないと不便なので、修理は早めに依頼しましょう。