iPhoneのバッテリーを今より長持ちさせる5つの方法

iPhoneのバッテリーを今より長持ちさせる5つの方法

毎年新機種が発表されるように、iPhoneのバッテリー持ちも年々改善されています。
ただし、ガラケーに比べるとまだまだ心許ないのも事実で、バッテリー消費に悩まされる人も多いです。

 

そこで、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法をお教えします。
電池切れに悩まされる人は、一度確認してください。

 

位置情報の使用をオフにする

 

最近は位置情報(GPS)を使ったゲームが話題ですが、こうしたアプリはバッテリーを大きく消費します。

 

もしも位置情報をあまり使っていないのなら、オフにすることで大幅にバッテリーが節約できます。その方法ですが、まず『設定』から『プライバシー』をタップしてください。

 

『設定』から『プライバシー』

 

次に『位置情報サービス』をタップし、スイッチをオフにすれば完了です。これでGPSは一切使われないため、バッテリー消費も改善できます。

 

位置情報サービス

 

スイッチをオフにすれば完了

 

なお、位置情報の使用はアプリ毎に設定可能です。天気予報などで頻繁に位置情報を使うなら、個別に切り替えましょう。

 

位置情報オンオフをアプリごとに設定

 

視差効果をオフにする

 

動く壁紙やアプリをタップしたときのエフェクトには、視差効果が用いられています。これをオンにするとユニークな動きが楽しめますが、バッテリーを消費しやすくなるでしょう。

 

こうした視差効果をオフにするなら、『設定』の『一般』をタップしてください。

 

『設定』の『一般』をタップ

 

さらに『アクセシビリティ』に移動します。

 

『アクセシビリティ』に移動

 

『視差効果を減らす』をオンにすればOKです。

 

視差効果を減らす
『視差効果を減らす』をオンにすればOK

 

視差効果をオフにしても操作性には大きな影響がないため、基本はオフのままがおすすめです。

 

自動ロックまでの時間を短くする

 

iPhoneの自動ロックを設定しておくと、一定時間操作しないと自動でスリープ状態に移行します。この自動ロックまでの時間を短くすると、操作しなくなったらすぐにスリープするので、節電効果が期待できます。

 

自動ロックについて見直すなら、『設定』の『一般』へ移動してください。

 

『設定』の『一般』へ移動

 

『自動ロック』をタップするとスリープ状態になるまでの時間が選べるので、最大限節約するなら『30秒』がおすすめです。

 

『自動ロック』をタップ

 

『30秒』がおすすめ

 

なお、スリープ状態から復帰するにはパスコードが必要なので、時間を短くしておくとセキュリティ対策にもなります。

 

自宅ではWi-Fiのみで通信を行う

 

iPhoneを快適に扱うため、自宅にWi-Fi(固定回線と無線でつなぐための設備)を用意している人も多いでしょう。仮に携帯回線がオンになっていても、Wi-FiにつなげばWi-Fiが優先的に使われます。

 

ただし、携帯回線がオンのままだと、Wi-Fiにつないでも微量の通信が発生しています。これもバッテリーに影響するので、家ではWi-Fiのみで通信しましょう。

 

そのために、まずは『設定』から『モバイルデータ通信』をタップしてください。

 

モバイルデータ通信

 

ここで『モバイルデータ通信』のスイッチをオフにすれば、Wi-Fiでしか通信は行いません。

 

『モバイルデータ通信』のスイッチをオフ

 

なお、この状態でも電話は利用できるため、急ぎの連絡があっても大丈夫です。

 

低電力モードをオンにする

 

もしも充電できないときにバッテリー残量が少なくなったら、低電力モードを使ってしのぎましょう。このモードに切り替えると、最大で2時間程度はバッテリーが長持ちします。

 

この低電力モードをオンにするには、『設定』から『一般』に移動し、『バッテリー』をタップしてください。

 

バッテリー

 

ここで『低電力モード』のスイッチをオンにすれば、バッテリーの消費が抑えられます。

 

『低電力モード』のスイッチをオン

 

低電力モードではアプリのバックグラウンド動作が停止されたり、全体的な処理速度が落ちたりしますが、通常のブラウジング程度なら大きな影響はありません。

 

バッテリーが劣化してきたら交換を依頼しよう

 

ここまでに説明した方法を実践すると、大幅にバッテリー持ちが良くなります。ただしiPhoneのバッテリーは使用するほど劣化していくので、節約してもいつかは限界が訪れるでしょう。

 

どう頑張ってもバッテリーが持たないなら、交換するしかありません。バッテリーを交換すると再び長持ちするため、長く使うつもりなら修理と同様に依頼してください。
 

 

バッテリーの節約は交換時期も引き延ばせるので、最初から長持ちさせるつもりで使ってみましょう。